無料プレゼントのお申し込み過去2週間分のお申し込み月額会員のお申し込み

 

次回の月額会員様向けのご提供は4月4日(月)18~19時を予定しております。

 

サービスは終了予定です。新規受付は停止いたしました。

 

募集定員(2016年4月1日0時現在)

 

【無料プレゼント】毎週10名様今週残り0名様

 

【過去2週間分】毎週0名様今週残り0名様

 

【月額会員】4月追加募集0名様4月残り0名様

 

【ご提供サンプル公開中!毎週月曜日に最新版をご提供】

※サンプルのドメイン名は*(アスタリスク)で伏せています。

※現在、中古ドメインディテールのサンプルは公開しておりません。

月額会員でご提供中 3月14日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]
過去2週間分でご提供中 3月7日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]
過去2週間分でご提供中 2月29日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]
無料プレゼントでご提供中 2月22日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]
ご提供終了 2月15日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]

 


 

サービスのポイント

 

 

 

毎週月曜日に、中古ドメイン300個のリストを配布します。

ご提供する中古ドメインの最低条件について

ご提供する中古ドメイン全ては、下記の基準を満たしたスペックとなっています。

 

・既に有効期限が切れていて、ご提供時点で今すぐ取得できる中古ドメインであること。

・現在も張られている(バックリンクが削除されていない)
「rel=nofollow」が付与されていないDofollowバックリンクが1つ以上存在すること。
※リークス中古ドメインが独自に情報を収集し、
過去1週間以内にDofollowバックリンクの存在が確認できた中古ドメインのみをご提供しています。

・中古ドメイン自体(ルートサブドメイン)のページランクが1以上であること。

 

これらの前提条件を満たし、プラスアルファの価値が付いている
高品質な中古ドメインを選別してご提供しています。

 

 

配布ファイル1
中古ドメインの情報を詳細にまとめた
一覧(CSV形式ファイル)をご提供いたします。

これを「中古ドメインリスト」と呼ぶことにします。

中古ドメインリスト(CSVファイル)のスクリーンショット
ご提供する中古ドメインリストのスクリーンショット(エクセルで開くとこのようになっています)。
※見本画像のため、ドメイン名は*で伏せてあります。

 

 

毎週月曜日にお送りするのはそれだけではありません・・・

 

300個の中古ドメインリストだけでなく、

 

配布ファイル2
"全ての中古ドメイン1つ1つ"に
さらに詳しい詳細情報(CSV形式ファイル)
をお付けいたします。

これを「中古ドメインディテール」と呼ぶことにします。

中古ドメイン1つ1つの詳細情報のスクリーンショット
ご提供する中古ドメインディテールのスクリーンショット(エクセルで開くとこのようになっています)。
※公開時点の情報のため、現在の正確な情報とは異なる可能性があります。

 

 

 

「中古ドメインリスト」の内容
(CSV形式ファイル)

この中古ドメインリストを使えば

ご提供する中古ドメイン全ての情報の概要を一覧で見ることができます。

CSV形式でまとめられているため、

・ページランク3の中古ドメインを見つける

・2000年から運用されていた中古ドメインを見つける

・バックリンクURLにページランク5が含まれた中古ドメインを見つける

といったことが簡単にできるようになっています。

あなたの基準に合った中古ドメインを簡単に見つけるためにお使いください。

 

 

中古ドメインリストに記載された各項目

・TLD
・ドメイン名
・サブドメイン名
・ページランク(ルートサブドメイン)
・偽装ページランク
・Googleインデックス数歴
・言語
・InternetArchiveドメイン運用歴
・InternetArchiveクロール回数
・OSEページオーソリティ
・OSEドメインオーソリティ
・OSELinkingRootDomains
・OSETotalLinks
・オーソリティバックリンク
・DofollowバックリンクURL最大ページランク
・DofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)
・DofollowバックリンクURLページランク合計数内訳
・DofollowバックリンクURLドメイン合計数
・DofollowバックリンクURLドメイン数(OSE:最大上位100件)
・DofollowバックリンクURLドメイン数(独自調査)
・DofollowバックリンクURL合計数
・DofollowバックリンクURL数(OSE:最大上位100件)
・DofollowバックリンクURL数(独自調査)
・DofollowクラスA:バックリンクURLサーバーIP分散数
・DofollowクラスB:バックリンクURLサーバーIP分散数
・DofollowクラスC:バックリンクURLサーバーIP分散数
・DofollowクラスD:バックリンクURLサーバーIP分散数
・NofollowバックリンクURL最大ページランク
・NofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)
・NofollowバックリンクURLページランク合計数内訳
・NofollowバックリンクURLドメイン合計数
・NofollowバックリンクURLドメイン数(OSE:最大上位100件)
・NofollowバックリンクURLドメイン数(独自調査)
・NofollowバックリンクURL合計数
・NofollowバックリンクURL数(OSE:最大上位100件)
・NofollowバックリンクURL数(独自調査)
・NofollowクラスA:バックリンクURLサーバーIP分散数
・NofollowクラスB:バックリンクURLサーバーIP分散数
・NofollowクラスC:バックリンクURLサーバーIP分散数
・NofollowクラスD:バックリンクURLサーバーIP分散数
・AlexaTrafficRank
・Twitter言及数
・FaceBook合計数
・FaceBookいいね!数
・FaceBookシェア数
・FaceBookコメント数
・GooglePlusOne評価数
・はてなブックマーク数
・Yahoo!ブックマーク数
・LinkedInシェア数
・Pinterestシェア数
・Digg評価数
・Deliciousブックマーク数
・StumbleUpon推奨数

 

 

中古ドメインリストに記載された各項目解説いたします。

TLD

中古ドメインのドメイン名の最後に付いている「.com」などを表示しています。

リークス中古ドメインでご提供している中古ドメインは下記の5種類です。

・.com

・.net

・.org

・.biz

・.info

 

ドメイン名

取得可能な中古ドメイン名です。

この中古ドメイン名で、ドメイン取得業者からドメインを取得すれば、

中古ドメインを取得したことになります。

 

サブドメイン名

そのドメイン名の中古ドメインで過去にサイト運営で使われていたサブドメインです。

中古ドメインを使ってサイトを公開するときに、このサブドメインを使えば、

過去から現在まで中古ドメインに張られているバックリンクを有効に活用でき、

効果的なSEO対策となります。

ドメイン名が「abc.com」、

サブドメイン名に「www.abc.com」と記載されていれば、

「www.abc.com」が過去にその中古ドメインで使われていたという意味です。

この場合、中古ドメイン「abc.com」を取得し、

サイトを公開するときに、サブドメインに「www」を設定して

「www.abc.com」にサイトを公開すれば、

「www.abc.com」に張られているバックリンクを引き継げます。

 

SEOチェキ
ページランク&
偽装ページランクチェック



http://seocheki.net/fake-pr.php

ページランク(ルートサブドメイン)

中古ドメイン自体に付いているページランクです。

サブドメイン名のトップページ(ルートサブドメイン)に付いているページランクで、Googleツールバーや、SEOチェキのような
ページランクをチェックできるツールで表示されるページランクを表しています。

 

偽装ページランク

ページランクが偽装されていないかをチェックした結果です。

リークス中古ドメインでは、ページランクの偽装が確認された中古ドメインは除外しております。

中古ドメインのサブドメイン名単位でチェックしています。

結果の表示内容は
「SEOチェキのページランク&ページランク偽装チェック」
に合わせています。

・「OK」・・・99%以上の確率で偽装されていません。

・「OK(NotFound)」・・・高確率で偽装されていません。

・「未確認」・・・当サービスでチェックが完了していません。
Googleの規制が厳しく、チェックに時間がかかるため、
ご提供中古ドメインの一部のチェックが
完了していないことがあります。

 

Googleインデックス数歴

過去に運営されていたサイトがGoogleにインデックスされていたページ数です。

当サービスで確認した最も古い日時での、

中古ドメイン(サブドメイン)の"Googleインデックス数"です。
この数値が1以上であれば、
過去に運用されていたサイトが
Googleにインデックスされていたことがわかります。
インデックス削除のペナルティを受けていた可能性が下がり、
この中古ドメインを使ってサイトを公開すれば、
そのサイトがインデックスされる可能性は高くなります。
さらに、
ページランクが偽装されていなかった可能性が
より高くなります。
あくまで当サービスで確認したタイミングでの情報であり、
基本的にはこの数値は0であることがほとんどです。

有効期限が切れたドメインの情報であり、
公開されていたサイトが削除されてからGoogleがサイトの削除を認識し、
Googleが検索結果からそのサイトの情報を除外するまでの時間差を利用して取得した数値
だからです。

過去に運営されていたサイトのインデックス数がたとえ100あったとしても、
Googleがサイトの削除を確認して検索結果から除外した場合、
Googleのインデックス数は0(確認できない状況)となります。

Googleが検索結果から除外した後で当サービスがインデックス数を確認した場合、
このGoogleインデックス数歴の数値は0になります。
数値が0でもインデックスされないという意味ではありませんので、
誤解のないようにお願いいたします。

もしこの数値が大きい場合、
その中古ドメインで過去に運営されていたサイトは
ページ数が多かったことが推測できます。

 

言語

過去に運用されていたサイトの言語です。

過去に運用されていたサイトの言語を推測して表示しています。
ただ、同じ中古ドメインで、異なる年度・時期に
複数の異なる言語のサイトが運営されていた場合もあり、
特定することは難しいです。
精度の問題もあるため、目安としてご活用ください。
同じ可能性の言語が複数ある場合は、
カンマ区切りで複数掲載しています。

 

InternetArchive
InternetArchive
http://archive.org/web/web.php

InternetArchiveドメイン運用歴

InternetArchiveが初めてドメイン(サイト)の存在を確認した日です。

少なくともこの日からドメインが使われていたと言えます。

 

InternetArchiveクロール回数

InternetArchiveがドメインのサイト情報を保存した回数です。

クロール回数<サイトの更新回数

と考えてもいいでしょう。

 

MOZ
OPEN SITE EXPLORER
SEOmoz - OPEN SITE EXPLORER
http://www.opensiteexplorer.org/

OSEページオーソリティ

OPEN SITE EXPLORER」で
調査したときに表示されるPageAuthorityの値です。

”ページ”オーソリティであり、

ページ単位で評価されるため、

サブドメイン単位で数値は異なります。

数値が高いほど、

SEO対策で上位表示させやすいとされています。

 

OSEドメインオーソリティ

OPEN SITE EXPLORER」で
調査したときに表示されるDomainAuthorityの値です。

ドメイン単位で評価されます。

複数のサブドメインがその中古ドメインにあった場合、

ドメインは同じであるため、

全てのサブドメインでドメインオーソリティは同じ値になっています。

※OSEのデータ更新タイミングの違い等が原因で、
サブドメイン単位で違う数値になっていることがあります。

数値が高いほど、

SEO対策で上位表示させやすいとされています。

 

OSELinkingRootDomains

OPEN SITE EXPLORER」で
調査したときに表示されるLinkingRootDomainsの値です。

中古ドメインに張られたバックリンクURLのドメイン数です。

 

OSETotalLinks

OPEN SITE EXPLORER」で
調査したときに表示されるTotalLinksの値です。

中古ドメインに張られたバックリンクURL数です。

 

オーソリティバックリンク

オーソリティサイトから張られたバックリンク情報です。

下記のサイトからのバックリンクがあった場合、
オーソリティバックリンク欄に該当サイトの名前を記載しています。

【対象オーソリティサイト一覧】

・国内Yahoo!カテゴリ登録
・海外Yahoo!カテゴリ登録
・Wikipedia
・DMOZ
・MusicMoz
・Myspace
・About.com
・Newsweek
・CNN
・NASA
・YouTube
・OKWave
・教えて!goo
・NAVERまとめ
・教育施設(.acドメイン、.eduドメイン)
・航空業界(.aeroドメイン)
・協同組合(.coopドメイン)
・政府機関(.govドメイン、.goドメイン)
・国際機関(.intドメイン)
・雇用(.jobsドメイン)
・アメリカ軍(.milドメイン)
・博物館(.museumドメイン)
・専門(.proドメイン)
・通信(.telドメイン)
・旅行(.travelドメイン)

対象オーソリティサイトは随時追加していきます。

 

DofollowバックリンクURL最大ページランク

Dofollowとは「rel=nofollow」がバックリンクに付与されていないことを意味しています。

Nofollowとは「rel=nofollow」がバックリンクに付与されていることを意味しています。

中古ドメインに張られたDofollowバックリンクURLの中で最も高いページランクです。

バックリンクURLには、

何らかのページランクがついていることがあります。

有力な中古ドメイン候補を見つける手助けのために、

その中で、最もページランクが高いページランクも、

このCSVファイルに記載しています。

例えば、バックリンクURLに

http://abc.com/

http://def.com/

があったとして、

http://abc.com/のページランクが3、

http://def.com/のページランクが4であれば、

「中古ドメインリスト」の

「バックリンクURL最大ページランク」には4と記載しています。

 

DofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)

DofollowバックリンクURLのページランクを合計した数値です。

同一ドメインから複数のバックリンクが張られていた場合、
最も高いページランクを1つだけカウントしています。

 

DofollowバックリンクURLページランク合計数内訳

DofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)の詳細です。

例)ページランク合計数が13と記載されていた場合、
「4,3,3,2,1」このように表示されています。

 

DofollowバックリンクURLドメイン合計数

DofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

OSEと独自調査を合算した数値となります。

重複していない数値です。

計算方法:「OSE + 独自調査 ー 重複分=ドメイン合計数」

【ドメイン数とは?】

バックリンクURLの中には、
http://abc.com/
http://abc.com/1.html
http://abc.com/sub/
このように、
同一ドメインの複数ページから
バックリンクが張られていることは多いです。
「バックリンクURLドメイン数」
では、これらを1つとカウントします。
バックリンクURLが下記の場合、
http://abc.com/(abc.com)
http://sub.abc.com/1.html(abc.com)
http://abc.com/sub/(abc.com)
http://def.com/(def.com)
http://def.com/archive/index.html(def.com)
http://ghi.def.com/1.html(def.com)
これらは2つとカウントします。

 

DofollowバックリンクURLドメイン数(OSE:最大上位100件)

OSEが提供するDofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

OSEが提供するバックリンクURLが100件以上あった場合は、
OSEが「SEO効果が高いと判断した上位100件」を上限としてデータを取得しています。

 

DofollowバックリンクURLドメイン数(独自調査)

OSE以外の方法で収集したDofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

 

DofollowバックリンクURL合計数

DofollowバックリンクURLのURL数です。

OSEと独自調査を合算した数値となります。

 

DofollowバックリンクURL数(OSE:最大上位100件)

DofollowバックリンクURLのURLをカウントした数値です。

 

DofollowバックリンクURL数(独自調査)

OSE以外の方法で収集したバックリンクURLのURLをカウントした数値です。

 

DofollowクラスA:バックリンクURLサーバーIP分散数

DofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスAでの分散数です。

個々のバックリンクURLのサーバーIPを調査し、
各クラスの分散数をまとめています。

例:http://www.google.co.jp/のサーバーIPが「111.222.33.4」だった場合、

111がクラスA、222がクラスB、33がクラスC、4がクラスDを表しています。

クラスA>クラスB>クラスC>クラスDの順に、
分散されていればいるほど、
バックリンクにバリエーションがあると言えます。

 

DofollowクラスB:バックリンクURLサーバーIP分散数

DofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスBでの分散数です。

 

DofollowクラスC:バックリンクURLサーバーIP分散数

DofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスCでの分散数です。

 

DofollowクラスD:バックリンクURLサーバーIP分散数

DofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスDでの分散数です。

 

NofollowバックリンクURL最大ページランク

Dofollowとは「rel=nofollow」がバックリンクに付与されていないことを意味しています。

Nofollowとは「rel=nofollow」がバックリンクに付与されていることを意味しています。

中古ドメインに張られたNofollowバックリンクURLの中で最も高いページランクです。

バックリンクURLには、

何らかのページランクがついていることがあります。

有力な中古ドメイン候補を見つける手助けのために、

その中で、最もページランクが高いページランクも、

このCSVファイルに記載しています。

例えば、バックリンクURLに

http://abc.com/

http://def.com/

があったとして、

http://abc.com/のページランクが3、

http://def.com/のページランクが4であれば、

「中古ドメインリスト」の

「バックリンクURL最大ページランク」には4と記載しています。

 

NofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)

NofollowバックリンクURLのページランクを合計した数値です。

同一ドメインから複数のバックリンクが張られていた場合、
最も高いページランクを1つだけカウントしています。

 

NofollowバックリンクURLページランク合計数内訳

NofollowバックリンクURLページランク合計数(同一ドメイン1件以内)の詳細です。

例)ページランク合計数が13と記載されていた場合、
「4,3,3,2,1」このように表示されています。

 

NofollowバックリンクURLドメイン合計数

NofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

OSEと独自調査を合算した数値となります。

重複していない数値です。

計算方法:「OSE + 独自調査 ー 重複分=ドメイン合計数」

【ドメイン数とは?】

バックリンクURLの中には、
http://abc.com/
http://abc.com/1.html
http://abc.com/sub/
このように、
同一ドメインの複数ページから
バックリンクが張られていることは多いです。
「バックリンクURLドメイン数」
では、これらを1つとカウントします。
バックリンクURLが下記の場合、
http://abc.com/(abc.com)
http://sub.abc.com/1.html(abc.com)
http://abc.com/sub/(abc.com)
http://def.com/(def.com)
http://def.com/archive/index.html(def.com)
http://ghi.def.com/1.html(def.com)
これらは2つとカウントします。

 

NofollowバックリンクURLドメイン数(OSE:最大上位100件)

OSEが提供するNofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

OSEが提供するバックリンクURLが100件以上あった場合は、
OSEが「SEO効果が高いと判断した上位100件」を上限としてデータを取得しています。

 

NofollowバックリンクURLドメイン数(独自調査)

OSE以外の方法で収集したNofollowバックリンクURLのドメイン数をカウントした数値です。

 

NofollowバックリンクURL合計数

NofollowバックリンクURLのURL数です。

OSEと独自調査を合算した数値となります。

 

NofollowバックリンクURL数(OSE:最大上位100件)

NofollowバックリンクURLのURLをカウントした数値です。

 

NofollowバックリンクURL数(独自調査)

OSE以外の方法で収集したバックリンクURLのURLをカウントした数値です。

 

NofollowクラスA:バックリンクURLサーバーIP分散数

NofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスAでの分散数です。

個々のバックリンクURLのサーバーIPを調査し、
各クラスの分散数をまとめています。

例:http://www.google.co.jp/のサーバーIPが「111.222.33.4」だった場合、

111がクラスA、222がクラスB、33がクラスC、4がクラスDを表しています。

クラスA>クラスB>クラスC>クラスDの順に、
分散されていればいるほど、
バックリンクにバリエーションがあると言えます。

 

NofollowクラスB:バックリンクURLサーバーIP分散数

NofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスBでの分散数です。

 

NofollowクラスC:バックリンクURLサーバーIP分散数

NofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスCでの分散数です。

 

NofollowクラスD:バックリンクURLサーバーIP分散数

NofollowバックリンクURLのサーバーIPクラスDでの分散数です。

 

AlexaTrafficRank

Alexaが提供する全世界の全Webページを対象にした訪問者数ランキングです。

このランキングで順位が付いていれば、
運営されていたサイトに一定以上の訪問者がいたことがわかります。

 

Twitter言及数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がtwitterでツイートされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがツイートされた回数のみをカウントしています。

 

FaceBook合計数

Facebookいいね!、FaceBookシェア数、FaceBookコメント数を合計した数値です。

下記でご紹介している3つのFacebook関連の全数値を合算した数値です。

 

FaceBookいいね!数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がFacebookでいいね!された回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがいいね!された回数のみをカウントしています。

 

FaceBookシェア数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がFacebookでシェアされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがシェアされた回数のみをカウントしています。

 

FaceBookコメント数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がFacebookでコメントされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがコメントされた回数のみをカウントしています。

 

GooglePlusOne評価数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がGoogle+1(PlusOne)で評価された回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページが評価された回数のみをカウントしています。

Facebookのいいね!のGoogle版とお考えください。

 

はてなブックマーク数

中古ドメインで過去に運営されていたサイトの全ページがはてなブックマークされた回数です。

トップページと全個別ページのはてなブックマーク数の合計数です。

はてなブックマーク数が多い中古ドメインは、
・過去に日本語サイトが運営されていて、
有名・有益な情報・サービスが提供されていた
・まとめ記事・2chまとめブログ等が運営されていた
・過去に海外のサイトが運営されていて、
有名・有益な情報・サービスが提供されていた
可能性が高いです。
はてなブックマークは日本人が主な利用者であるため、
日本人の利用者が多いウェブサイトにしか付かない傾向があります。

 

Yahoo!ブックマーク数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がYahoo!ブックマークでブックマークされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがブックマークされた回数のみをカウントしています。

 

LinkedInシェア数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がLinkedInでシェアされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがシェアされた回数のみをカウントしています。

 

Pinterestシェア数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がPinterestでシェアされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがシェアされた回数のみをカウントしています。

 

Digg評価数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がDiggで評価された回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページが評価された回数のみをカウントしています。

 

Deliciousブックマーク数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がDeliciousでブックマークされた回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページがブックマークされた回数のみをカウントしています。

 

StumbleUpon推奨数

中古ドメインのトップページ(ルートサブドメイン)がStumbleUponで推奨された回数です。

個別ページは含まれておらず、トップページが推奨された回数のみをカウントしています。

 

 

「中古ドメインディテール」の内容
(CSV形式ファイル)

中古ドメインディテール

「中古ドメインリスト300個」の1つ1つの中古ドメイン毎にお渡しします。

CSV形式でまとめられています。

中古ドメインリストの数値の根拠となる具体的なデータが全て記載されています。

・中古ドメインで使われていたサブドメインを確認する

・バックリンクURLを確認する。

・バックリンクURL全てのページランクを調査する

・InternetArchiveの情報を確認する(ドメイン運用歴、クロール回数)

・SEOmozの情報を確認する(ページオーソリティ、ドメインオーソリティ)

など、中古ドメインを取得するかどうかのご判断にお使いください。

 

中古ドメインディテールに記載された各項目

基本的には中古ドメインリストに記載されている内容と同じです。

中古ドメインディテールにのみ記載されている項目は下記の通りです。

・SEOチェキ(ページランク偽装チェックURL)

・InternetArchiveチェックURL
・OSEチェックURL
・バックリンク詳細情報

 →DofollowバックリンクURL(OSE:最大上位100件)
→DofollowバックリンクURL(独自調査)
→NofollowバックリンクURL(OSE:最大上位100件)
→NofollowバックリンクURL(独自調査)
バックリンク詳細情報は、上記4項目に分かれており、
それぞれに下記の情報が掲載されています。

 →→ページランク(バックリンクURL)
→→サーバーIP(バックリンクURL)
→→バックリンクURL
→→バックリンクアンカーテキスト

 

一部の項目は、「中古ドメインリスト」に記載されている項目と同じです。

同じ項目を記載しているのは、

「中古ドメインリスト」と「中古ドメインリストディテール」どちらを見ても、

すぐに中古ドメインの情報がわかるようにするためです。

 

「中古ドメインリスト」と異なるのは、

・バックリンクURLの一覧が記載されている

・バックリンクURL個別のページランク情報が一覧でわかる

ことです。

ページランクが詳細にわかるのが重要なメリットです。

「中古ドメインリスト」に掲載している

・バックリンクURL最大ページランク

は、バックリンクURLの中で最も高いページランクです。

「中古ドメインリスト」のこの情報は部分的で、

複数のバックリンクURLにページランクが付与されていることが多く、

バックリンクURL全てのページランクがわかることは、

取得する中古ドメインを選ぶ上でとても役立ちます。

たとえば、中古ドメインリストに

olddomain.com

が中古ドメインとして記載されていたとします。

このolddomain.comに

http://abc.com/(ページランク6)

http://cde.com/(ページランク3)

http://fgh.com/(ページランク4)

http://ijk.com/(ページランク0)

からバックリンクが張られていたとします。

この場合、「中古ドメインリスト」からは、

「バックリンクURL最大ページランク」に"6"としか記載されておらず、

ほかにもページランク"4"、"3"といったバックリンクURLから

リンクされていることがわかりません。

こうした情報が「中古ドメインディテール」を見ればわかります。

 

 

中古ドメイン情報のご提供方法

ご提供方法

○メールにてダウンロードURLをご連絡

「中古ドメイン情報」のダウンロードURLを

ご指定の(ご登録時の)メールアドレス宛にご連絡いたします。

 

○メールの文例

「中古ドメイン情報」は
こちらからダウンロードされてください。

http://example.com/20000101.zip

 

 

ご提供スケジュール

○リークス中古ドメインにご入会いただいた直後

最新の配布済み「中古ドメイン情報」をお届けします。

○それ以降は毎週月曜日

最新の「中古ドメイン情報」をお届けします。

 

 

「中古ドメイン情報」は圧縮されています。

ダウンロードした「中古ドメイン情報」を解凍していただくと

・「中古ドメインリスト」

・「中古ドメインディテール」

が入っています。

 

 

ご提供する「中古ドメイン情報」の
フォルダ・ファイル構成

フォルダ・ファイル構成

ご入会いただいた後、「中古ドメイン情報」のダウンロードURLをご案内します。
ファイルは圧縮されていますが、解凍していただくと、上の図のようなフォルダ・ファイル構成になっています。

 

「中古ドメインリスト」の保存場所は?

「中古ドメイン情報」のファイルをダウンロードして解凍していただくと、

「中古ドメイン情報フォルダ」の中に「中古ドメインリスト.csv」が入っています。

こちらを開いていただくと、

その週にご提供した中古ドメイン300個全ての概要を一覧で見ることができます。

 

「中古ドメインディテール」の保存場所は?

「中古ドメイン情報」のファイルをダウンロードして解凍していただくと、

「中古ドメイン情報フォルダ」の中に「中古ドメインディテールのフォルダ」が入っています。

「中古ドメインディテール」のフォルダの中には、
ドメイン名(中古ドメイン名)のフォルダが入っていて、
ドメイン名のフォルダの中に

サブドメイン名がファイル名になったCSVファイルが保存されています。

たとえば、
olddomain.com
が中古ドメインで、そのサブドメインに
・olddomain.com
・www.olddomain.com
が使われていたとしたら、
フォルダ"olddomain.com"の中に
・olddomain.com.csv
・www.olddomain.com.csv
が保存されています。
この
・olddomain.com.csv
・www.olddomain.com.csv
が中古ドメイン個別の「中古ドメインディテールのCSVファイル」となります。

 


中古ドメインでサブドメインが
使われていたかどうかも一目瞭然

「中古ドメインリスト」と「中古ドメインディテール」から、
その中古ドメインで使われていたサブドメインがわかる

例えば、中古ドメイン"olddomain.com"の
・olddomain.com
・www.olddomain.com
のどちらを使えば良いかわかりますか?
この場合、
・昔から運用されていた
・バックリンクURL数が多い

・バックリンクURL最大ページランクが高い
方を選んで使うことになります。

※両方使われていたのであれば両方使うのもありです。

 

「中古ドメインリスト」では

サブドメイン名の項目を見れば、

そのドメイン名(中古ドメイン名)で使われていたサブドメインがすぐにわかります。

「中古ドメインリスト」にはバックリンク数など、

他の情報も記載されていますので、

複数のサブドメインが使われていた場合、

どのサブドメインを使うべきか、

全てのサブドメインを使うべきかもわかります。

 

「中古ドメインディテール」によっても

その中古ドメインで使われていたサブドメインを知ることができます。

「中古ドメインディテールのフォルダ」に
フォルダ"olddomain2.com"があって、
その中に
・olddomain2.com.csv
・sub.olddomain2.com.csv
が保存されていたら、
中古ドメインの"olddomain2.com"では
・olddomain2.com
・sub.olddomain2.com
というサブドメインが使われていたとわかります。

 

このように、中古ドメインで使われていたサブドメインは、

「中古ドメインリスト」と、

「中古ドメインディテール」によって知ることができます。

 

 

中古ドメインの取得の流れ

3ステップで簡単に厳選された中古ドメインが取得できます。

1.「中古ドメインリスト」から、あなたの基準に合った中古ドメインを探す。

2.見つかった中古ドメインの「中古ドメインディテール」を個別にチェックして、

  取得するかどうかを決める。

3.いつもお使いのドメイン取得業者を利用して(新規に)中古ドメインを取得する。

 

これだけで簡単に中古ドメインが取得できます。

 

 

中古ドメインが取得できるドメイン取得業者とは?

新規にドメインを取得する方法と同じです。

お好みのドメイン取得業者を利用して取得されてください。

ドメイン取得業者は、国内で有名なところでは、
・バリュードメイン
・ムームードメイン
・お名前ドットコム

・Xserver

・スタードメイン

・ロケットネット
があります。

この他にもいくつもありますが、業者は自由にお選びください。

 

中古ドメインリストのドメイン名に「olddomain.com」と書かれていたら、

ドメイン取得業者を利用して、
新規にドメイン取得するのと同じ方法で「olddomain.com」を取得すれば、

中古ドメインを取得したことになります。

 

 

 

どうして最高品質と言えるのか?

定期的に更新し続ける
最新の中古ドメイン詳細情報

全ての中古ドメインのバックリンクURLは
”今も張られている”バックリンクURLのみを掲載しています。

 

バックリンク情報は定期的に更新し続けています。

 

どうしてバックリンク情報を定期的に更新する必要があるのでしょうか?

中古ドメインに張られたバックリンクはいつリンクをはずされてもおかしくないからです。

 

中古ドメインに張られたバックリンクはリンク切れになっているので、

特に優良サイトからのバックリンクは、優良サイトだけに、
リンク切れを修正するのも早く、バックリンクが削除されてしまう可能性が高いです。

1ヶ月前まではその中古ドメインにリンクが張られていても、
中古ドメインに張られているリンクがリンク切れになっていることが判明したことによって、
今はもうリンクがはずされ、バックリンクが無くなっているかも知れません。

特に、CMSのWordPress等では、
プラグインによるリンク切れチェック機能により
リンク切れの自動チェックが行われ、リンク切れが確認され次第、
自動的にリンクに「rel=nofollow」が付与されることがあるので注意が必要です。

※rel=nofollowが付与されたバックリンクはSEOの効果が弱くなります。

そのため、リークス中古ドメインでは、

バックリンクが現在も有効か(張られているか)を定期的にチェックしています。

 

バックリンクURLにページランク5が含まれています。

といって販売している中古ドメイン業者様もいらっしゃいますが、

今現在も、そのバックリンクが張られているかは疑問です。

 

「リークス中古ドメイン」では、定期的にバックリンクが現在も張られているかをチェックし、
バックリンクURLとして掲載しているのは
ご提供日の過去1週間以内に、現在も張られていることを独自に確認できたバックリンクURLのみです。

 

 

バックリンクURLのページランク情報

現在もバックリンクが張られているバックリンクURL一覧と一緒に、

バックリンクURL個別のページランク情報もお付けします。

バックリンクURLにページランク5が含まれている中古ドメインだけを取得する。

といったことも可能になります。

 

ページランクが高いページ(バックリンクURL)からリンクされていると、
その中古ドメインには何らかのページランクがつきやすく、
ドメインの価値が高い傾向があります。

ページランクの高いサイトは、

その分野においてのオーソリティサイトであることも多いです。
そのサイトからリンクされている中古ドメインなので、SEO対策で有利になります。

 

 

ページランク情報も一定期間ごとに更新

ページランクは不定期に更新されます。

そこでバックリンクが現在も有効であるかどうかを定期的に更新するのと同様に、

ページランク情報も定期的に最新情報に更新しています。

 

 

過去に他のドメインにリダイレクトされた中古ドメインを除外

過去にドメイン移転された中古ドメインを除外しています。

完全に除外することはできていませんが、
過去にドメイン移転(サイト引越・移転)などにより、
他のドメインに301リダイレクトしていたことが確認できた中古ドメインは除外しております。

ドメイン移転する理由としては、
・移転前ドメインが検索エンジンからペナルティを受けたから。
・サイトブランドの変更。
などが考えられます。

移転前ドメインがペナルティを受けている可能性、
移転前ドメインに張られたバックリンクのリンクジュースが
移転先ドメインに流れてしまっている可能性を考慮し、
当サービスではドメイン移転が確認された中古ドメインはご提供しない方針をとっています。

 

 

全てのバックリンクURLの
「rel=nofollow」
が付いているか、付いていないかを調査済み

バックリンクにnofollowがついていると、
そのバックリンクは検索エンジンに評価されません。

<a href="URL" rel="nofollow">となっていると、

バックリンクの価値が無くなるとされています。


リークス中古ドメインでは、中古ドメインに張られたバックリンク全てを調査し、
「rel=nofollow 」が付与されているかどうかを正確に分離して情報をまとめています。

 

「rel=nofollow」が付与されていない場合「Dofollow」

「rel=nofollow」が付与されている場合「Nofollow」

と表記しております。

 

 

Googleのブラックリストに
入っていないことを確認済み。

Googleによるウェブサイトのブラックリストは2種類

下記2種類のGoogleに安全ではないウェブサイトと判断された中古ドメインは全て除外しています。

 

1.不正なソフトウェアサイト

ユーザーのパソコンに不正なソフトウェアをインストールするコードが含まれます。
悪質な意図を持ったハッカーがこのソフトウェアを使用して、
ユーザーの個人情報や機密情報を取得し、転送するおそれがあります。

 

2.フィッシングサイト

正当なサイトになりすまし、ユーザーを欺いて、
ユーザー名とパスワードの入力や他の個人情報の共有を促します。
よくある例としては、
銀行の正当なウェブサイトやオンラインストアになりすますウェブページがあります。

 

aguse.jp
aguse.jp
http://www.aguse.jp/

Googleのブラックリストに入っていた場合

このようなサイトが過去に中古ドメインで運営されていたことがあると、 Googleはドメイン毎ブラックリストに入れて、 そのドメインで運営されているサイトを検索結果から除外したり、 上位表示させない対策を行います。

Googleのブラックリストに入っている中古ドメインかどうかは、
「aguse.jp」のようなサービスで確認することができます。

当サービスではご提供前に全ての中古ドメインをチェックし、
ブラックリスト入りしていない中古ドメインのみをご提供しております。

 

 

独自のアルゴリズムにより、
アダルトサイトが運営されていた中古ドメイン
を大幅にカットしました。

アダルトサイト過去運営されていても、
問題なく上位表示されます。

しかし、できれば使いたくない方が多くいらっしゃいましたので、
100%ではありませんが、ご提供する99%の中古ドメインは、
過去にアダルトサイトが運営されていなかったものになっています。

 

 

 

今までの中古ドメイン販売の問題点

ドメイン名が購入するまでわからない。

ドメイン名がわからなければ、InternetArchiveを使って、

過去にどのようなサイトが運営されていたかがわかりません。

その上、使い慣れたツール(SEOチェキなど)を使って、

その中古ドメインが優良かどうかを検討する余地がありません。

自分に合った中古ドメインが手に入らないだけでなく、

提供された中古ドメインを取得しないと損をします。

 

事前にドメイン名がわかる業者様もありますが、

その場合は高額である場合がほとんどです。

事前にドメイン名がわかる業者様は、

その中古ドメインはその業者様が取得していることにより、

そうした販売方法が可能になります。

 

 

一方で、リークス中古ドメインでは

ドメイン名を全て公開していています。

そのため、事前にInternetArchiveなどを使って、

過去にどのようなサイトが運営されていたか等をお調べいただいた上で
優良な中古ドメインを取得していただくことができます。

SEOチェキといったツールでも、何でもご使用いただけます。

あなたの条件を満たした優良な中古ドメインだとわかったら、

ライバルに奪われる前に急いで取得するようにしてください。

 

ただ、当サービスでは中古ドメインの情報を様々な方法で収集しており、
価値計算を総合的に行っているため、
中古ドメインディテールの情報を優先的にご確認いただくようにお願いいたします。

 

 


リークス中古ドメインの強み

何台ものパソコンを使って、
中古ドメインを調査しています。

複数のパソコン

 

毎月万単位のドメインを調査し、

良質な中古ドメインを見つけ出しています。

バックリンクなど、長い期間をかけてチェックにチェックを重ね、

一定以上の品質が確認できた中古ドメインのみをご提供しています。

 

 

中古ドメインを長い期間かけて
集め続けてきたからこそできるサービスです。

長い期間をかけて、大量の中古ドメインを集め続けてきています。

だからこそ、高品質の中古ドメインを継続的にご提供できる環境を整えることができました。

 

 

なぜ中古ドメインなのか?

バックリンクを購入するという発想。

中古ドメインにはバックリンクが張られていることが多いです。

リークス中古ドメインでご提供する

全ての中古ドメインにはバックリンクが初めから張られています。

 

バックリンクを1つ付けるのに、数百円の手数料を取る業者もいます。
それを考えると、

中古ドメインを購入することは、バックリンクに投資することである。
と考えることができます。

また、SEO対策では自然さが求められます。
中古ドメインに他のサイトからリンクが入っていれば、
バックリンク構造が複雑になり(サーバーIP・地域、ドメインの分散などにより)、
自然さが増すことで、リンクファームのリスクが減少し、
上位表示されやすくなります。

 

 

バックリンクのリンクエイジが長い。

バックリンクにはリンクエイジが重要だとされています。

バックリンクが張られてから時間が経過すればするほど、

そのバックリンクの価値が高まっていくという考え方です。

中古ドメインに張られたバックリンクの中には、

何年も継続的に張られ続けていたバックリンクも多く存在します。

中古ドメインが効果的な理由の一つとして、

時間による重みが加えられた価値の高いバックリンクが多く張られているため、

上位表示させる効果が高まっていることが挙げられるかもしれません。

 

 

バックリンクの掲載位置のバリエーションが豊富。

検索エンジンはバックリンクの掲載位置も見ていると言われています。

・記事(文中)からリンクされているのか

・サイドバーからリンクされているのか

・フッターからリンクされているのか

といったように、これらが分散されていればいるほど、

効果的なバックリンクだと考えられます。

中古ドメインで過去に運営されていたサイトは、

コンテンツが充実していたサイトも多く、

様々な掲載位置からバックリンクが張られていることが多いです。

自然に張られたバックリンク(ナチュラルリンク)も多いです。

効果的なバックリンクが張られた中古ドメインでサイトを運用すれば、

上位表示される可能性が高まるでしょう。

サテライトサイトとしても活躍させられます。

 

 

エイジングフィルターを回避する。

検索エンジンにはエイジングフィルター(Aging filter)と呼ばれる現象があります。
新規にドメインを取得してから3ヶ月~半年ぐらいの間は
エイジングフィルターがかかってしまうようです。
エイジングフィルターが有効になっている間は、
サイト名称(サイトのブランド名)を除いたほとんどの検索キーワードで上位に表示されません。
上位表示されなければ、せっかくウェブサイトを作成したのに、
検索エンジンからアクセスがほとんど無い状況が長く続いてしまいます。
これはエイジングフィルターによるものであるため、時間が経過すれば、
何もしていなくとも検索上位に表示されるようになります。
全ての新規開設サイトがこの影響を受けるわけではありませんが、
こうした現象に遭遇することは少なくありません。
一方で中古ドメインは、新規に取得するドメインとは異なり、
エイジングフィルターが無効になることが多く、
ウェブサイトを作ってからすぐに各キーワードで上位表示されるようになり、
アクセスをすぐに集めることが可能になります。

 

中古ドメインを使えば、

エイジングフィルターによってアクセスが集まらない3ヶ月~半年ぐらいの優位性が得られ、

通常のドメイン取得で取りこぼすはずだったアクセスを集めることができるようになります。

 

 

 

中古ドメインの活用事例

中古ドメインのページランク更新タイミング

中古ドメインを使って公開したサイトのページランクは、

中古ドメインを取得してサイトを公開してから

以下のタイミングで更新されます。

メジャーアップデートがあった場合

全サイト・全ページのページランク一斉更新のことです。

マイナーアップデートがあった場合

一部サイト・一部ページのページランク更新のことです。

数日から1ヶ月ほどで付く場合や、

数日後に低いページランクが付与され、

メジャーアップデートで高いページランクが付与される場合があります。

 

 

 

 

中古ドメインの活用方法

アフィリエイトサイトとして活用する。

中古ドメインを使えば、

バックリンクをほとんど付けていなくても、

競合ひしめくキーワードで上位表示されることがあります。

 

中古ドメインを徹底的に活用すれば、売れるキーワードで上位表示され、

爆発的な収益を生ませることができるようになるでしょう。

 

 

サテライトサイトとして活用する。

中古ドメインは、他人が過去にネット上に築いて"捨てた"資産を再利用できます。
その資産を活かして、
その中古ドメインをサテライトサイトに使っても、大きな効果を発揮します。
サテライトサイトを作ったときに大変なのはバックリンクを付けることです。
中古ドメインを使ってサテライトサイトを作れば、
初めからバックリンクがついているため、バックリンクをつける作業をせずに、
サテライトサイトとしての効果が得られることも多いです。

 

中古ドメインに自動リンク集を設置し、相互リンクを増やしながら、

上位表示させたい自分のサイトにリンクを張る。

といった使い方もいいでしょう。

 

リークス中古ドメインでご提供する中古ドメインは、

初めからバックリンクが張られているため、

あなたが何もしなくても、バックリンクを増やすことなく、

ページランクがついています。

高いページランクが付いているサイトは、

有利な立場で相互リンクの交渉ができるだけでなく、

SEO対策サービスで優遇されます。

 

 

中古ドメイン業者として開業しませんか?

中古ドメインリスト再販売禁止です。
でも、取得した中古ドメイン販売可能です。

中古ドメイン業者として開業することもできます。

そのときは、「リークス中古ドメイン」の存在は秘密にしておいた方が良いかもしれません。

 

中古ドメインに付加価値を付けることは可能です。

過去に運営されていたサイトを調査して、

美容院のサイトが運営されていたことがわかったら、

中古ドメインを販売するときに、

「過去に美容院のサイトが運営されていました。」

と記載すれば、高額で販売することもできます。

そうすれば、キーワード「美容院」で

SEO対策をしたいと考えている個人、法人に高額で販売することができるでしょう。

 

ただ、中古ドメインリストの再配布だけはしないでください。
発見次第、会員を強制的に退会していただきます。

他の会員様の利益を守るためです。

 

 

 

1個数千円~数万円で売買されてる中古ドメインが毎週300個って・・・価格は?

安い=品質悪い?

価格の設定は非常に迷いました。

安く設定しすぎると、品質が悪いと勘違いされてしまうからです。

 

1個数千円、安く見積もって、1個2000円で計算します。

1個あたり2000円×300個×約4回(1ヶ月)=2,400,000円(240万円)です。

240万円分の中古ドメインを20人で均等に分けたとしても、

240万円÷20人=12万円。

 

・・・

・・


どうでしょうか。

SEO会社様によっては、数百個単位でご発注いただいた上で、

中古ドメインのスペックによっては、

1個数万円でご購入いただけることもありますので、

それを考えれば、12万円という価格でも十分すぎるほど安いです。

巷の業者様の価格を基準にすれば、もっと高くなるでしょう。

 

しかし、私はこのサービスで

利益をそこまで出したいと考えていません。

そこで、かなり安い価格でご提供することに決めました。

 

1ヶ月目の料金は19,800円(入会金5000円+月額14,800円)です。

2ヶ月目以降の料金は月額14,800円です。

 

 

どうしてこんなに安いのか?

最終的な中古ドメインの選定をあなたにお任せするから。

高品質な中古ドメインリストの中から、

どの中古ドメインを取得するかどうかは、あなたにお任せいたします。

ドメインがどれほど高品質かどうかは、

・InternetArchive

・SEOチェキ

といったツールを使って、中古ドメインを全てお調べいただけます。

目的に合った中古ドメインだとわかったら、
ライバルに奪われる前に急いで取得するようにしてください。

 

 

サービスの運営に人件費がほとんどかからないから

このサービスは一人のスタッフが運用・運営していますので、

人件費が抑えられており、

他社様には真似できない破格の価格でご提供できております。

 

 

 

 

 

一度ご入会いただくと、
月額料金はその時点で固定されます。

新規の会員様の月額料金が上がったとしても、
既存の会員様の月額料金が上がることはありません。

一度ご入会いただくと、月額料金はその時点で固定されます。

この「リークス中古ドメイン」が継続している限り、

ずっとご入会時の月額料金でご提供いたします。

 

 

リークス中古ドメインの
会員募集枠は20名様

中古ドメインが全て取得されてしまうことを考慮し、

20名様が集まり次第、販売を停止いたします。

 

 

人数制限をしてるみたいだけど、
本当なんですか?

結論を先に申し上げますと、本当です。

できるだけ多くの方にご提供したいとは考えていますが、

商品の性質上、どうしても人数制限せざるを得ないのです。

 

中古ドメインは無制限に存在するものではなく、

有限で、価値が高い物はさらに限られています。

 

無制限に会員様を増やしてしまうと、

優良な中古ドメインを取得できない方が出てきてしまうからです。

 

私は良質なサービスを提供し、会員になっていただけた方には、
お金を払っていただいた以上の価値を提供したいと考えています。

 

そうした理由で、一定人数に達し次第、販売を停止します。

 

 

予想以上に会員様が集まらなかった場合・・・

0人では会員サービスの停止も検討しますが、
1人でも会員になっていただけた場合、サービスは継続します。

その1人の会員様は、毎週300個の中古ドメインを自由に取得し放題になります。

少数であればあるほど、会員様お一人あたりが得られる価値は大きくなります。

 

 

ご入会は早ければ早いほど得をします。

高品質な中古ドメインから順番に取得されていくからです。

今この瞬間にも、ライバルが中古ドメインを取得しています。

ご入会が早ければ早いほど、

今週分の300個の中で取得可能な中古ドメインが多くなり、

優良な中古ドメインが取得できる確率が高くなります。

 

 

どうして毎週月曜日?
1ヶ月に1度まとめて送ってくれませんか?

中古ドメインは会員同士で奪い合いになります。

1ヶ月に1度まとめて送ってしまうと、

どの中古ドメインが他の会員様に取得されていて、

どの中古ドメインが現在も取得できるのかが、

どんどんわからなくなっていきます。

毎週1回最新の情報に基づいた中古ドメインリストをご提供することによって、

ご提供直後は全ての中古ドメインが取得できる状況となり、

中古ドメインの取得が簡単になります。

 

 

ご入会前に疑問点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

メールでご連絡いただければ、
原則48時間以内に対応いたします。

info★leaksolddomain.com

★を@にご変更の上、上記メールアドレスにメールをお送りください。

件名または本文に、必ず

リークス中古ドメイン

という文字を入れていただくようにお願いいたします。

この文字が入っていると、

私の迷惑メールボックスに入ることなくなりますので、

確実にご対応できます。

 

 

お寄せいただいた
ご質問に回答いたします。

ドメインの取得費用は別途かかるのでしょうか?

はい。
ドメイン取得費用・維持費用は会員様にご負担いただいております。

中古ドメインで過去に運営されていたサイトは日本語サイトですか?

海外サイトで使われていた中古ドメインが中心となりますが、
日本語サイトが運営されていた中古ドメインもあります。

もし日本語サイトが運営されていた中古ドメインだけを取得したい場合には、
中古ドメイン情報の「言語」に「日本語」と記載されている中古ドメイン
を確認していただければ効率的です。
また、海外サイトというのは、
英語もしくは日本語以外のその他の言語で文章が書かれていたサイトのことです。
海外サイトで使われていた中古ドメインを使って、
日本語サイトを作っても問題なく上位表示されています。
また、巷の中古ドメイン業者様のほとんどが海外サイトの中古ドメインを提供されています。

ページランクはついていますか?

はい。ご提供する全ての中古ドメインにページランクが付いています。

ページランクが1以上の中古ドメインの中から、
バックリンクやドメイン運用歴、ソーシャル等の情報を加味し、
品質が高い順に厳選した中古ドメインをご提供しております。


エクセルがパソコンに入ってません。
OpenOffice
OpenOffice
http://www.openoffice.org/ja/

エクセル(オフィス)と同じような機能が付いた
「無料総合オフィスソフトウェア OpenOffice.org 日本語プロジェクト」
というソフトがあります。
URL: http://www.openoffice.org/ja/

こちらのソフトは無料で使うことができます。

「OpenOffice」の「表計算(Calc)」が
エクセルと似たようなソフトとなります。

CSVファイルの表示、編集も可能です。

もし必要でしたら、上記URLを直接ご入力いただくか、

Googleで「OpenOffice」を検索していただいて、
このソフトをダウンロード&インストールされてください。

もし中古ドメインが1個も取得できない場合はどうするのですか?

毎週300個の中古ドメイン情報をお送りしますし、
ご提供する人数(会員枠)を制限していますので、
1ヶ月に1個も取得できないことは考えられません。
10個、20個も取得できないような状況はあり得ないと思いますが、
万が一、1個も取得できない場合は、個別に対応もしますので、ご安心ください。

一時的に無償で配布頻度を上げて(1週間に2回以上のご提供)、

取得できない状況を回避することも考えています。

中古ドメインが会員以外の方に取得されてしまうことはないのですか?

可能性としてはあります。

ただ、当サービスではご提供する中古ドメインが取得できるかどうかを
ご提供日の月曜日~ご提供数時間前
の間に確認済みとなっており、
会員以外の方に取得されてしまった中古ドメインをご提供するリスクを最小限に抑えています。

 

無料プレゼントのお申し込み 

無料プレゼントは突然終了する可能性が高いので、お急ぎください!

 

なんと今なら、お名前とメールアドレスをご入力いただくだけで、

中古ドメイン情報1週間分を無料プレゼント中です!

ご請求いただくと、ご入力いただいたメールアドレスに
1分以内にダウンロード方法が記載されたメールをお送りいたします。

もし5分経っても届かない場合は再度ご請求をお願いいたします。

 

掲載している中古ドメインのいくつかは
既に月額会員様・過去2週間分のご購入者様に取得されており、
現在は取得できなくなったドメインもありますので、あらかじめご了承ください。

 

【現在無料プレゼント対象の中古ドメイン情報サンプル】

※サンプルのドメイン名は*(アスタリスク)で伏せています。

※ご請求後にダウンロードしていただける中古ドメイン情報では
ドメイン名は公開されています。

※現在、中古ドメインディテールのサンプルは公開しておりません。

無料プレゼントでご提供中 2月22日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]

 

 

お申し込み停止中

 

 

 

過去2週間分のお申し込み 

継続購入ではなく、買い切り型の商品です。

月額会員様にご提供済みの
中古ドメイン情報の過去2週間分
をご購入いただけます。

 

中古ドメイン業界の相場から考えても、
かなりお求めやすい価格になっています。

 

・SEOに中古ドメインを使ってみたい。
・稼げるようになるまではできるだけお金を使いたくない。
・毎月それほどたくさんは要らない。
・ときどき中古ドメインが必要になる
そんな方にオススメの商品です。

 

掲載している中古ドメインのいくつかは
既に月額会員様・過去2週間分のご購入者様に取得されており、
現在は取得できなくなったドメインもありますので、あらかじめご了承ください。

 

【現在ご購入いただいた直後にお送りしている中古ドメイン情報サンプル】

※サンプルのドメイン名は*(アスタリスク)で伏せています。

※現在、中古ドメインディテールのサンプルは公開しておりません。

過去2週間分でご提供中 3月7日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]
過去2週間分でご提供中 2月29日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]

 

ご提供方法

○インフォトップのマイページよりZIP形式でダウンロードできます。

決済会社のインフォトップでご購入いただくと、

ご購入者様向けの管理画面(マイページ)にログインできるようになり、
こちらから商品をダウンロードしていただくことができます。

 

○商品(ZIP形式)の内容について

■過去2週間分の中古ドメイン情報

・○月○日版中古ドメイン情報.zip(1週間前)

・○月○日版中古ドメイン情報.zip(2週間前)

■その他

・はじめにお読みください.pdf

 

価格について

○4,980円

※買い切り型のため、1回だけのお支払いです。

 

お支払い方法

○複数の方法からお選びいただけます。

お支払い方法(過去2週間分)

・クレジットカード

・銀行振込・郵便振替
・コンビニ決済
・BitCash
・ちょコムeマネー

 

○クレジット決済の場合、ご購入後すぐにダウンロードしていただけます。

 

お申し込み停止中

 

 

 

 

月額会員のお申し込み 

商品イメージ

 

ご提供方法

○メールにてダウンロードURLをご連絡

 「中古ドメイン情報」のダウンロードURLを

 ご指定の(ご登録時の)メールアドレス宛にご連絡いたします。

 

○メールの文例

「中古ドメイン情報」は
こちらからダウンロードされてください。

http://example.com/20000101.zip

 

ご提供スケジュール

○ご入会いただいた直後

 最新の配布済み「中古ドメイン情報」をお届けします。

 初回のみ手作業でお一人様ごとにお送りいたしますが、

 原則24時間以内にお届けします。

【現在ご入会いただいた直後にお送りしている中古ドメイン情報サンプル】

※サンプルのドメイン名は*(アスタリスク)で伏せています。

※現在、中古ドメインディテールのサンプルは公開しておりません。

月額会員でご提供中 3月14日版中古ドメインリスト [CSV形式][ZIP形式]

 

 

○それ以降は毎週月曜日

 最新の「中古ドメイン情報」をお届けします。

 ※お届けする時間帯は、事前にメールでご連絡いたします。

 

○メールが届かない場合はご連絡ください。

 ・ご入会いただいてから24時間以内

 ・毎週月曜日

 にダウンロードURLが記載されたメールが届かない場合は、

 お手数をおかけしますが、必ずお問い合わせください。

 メールが迷惑メールになっている等の理由で、

 ご確認いただけていない可能性があります。

 info★leaksolddomain.com

 ★を@にご変更の上、上記メールアドレスにメールをお送りください。

 ※決済会社のインフォトップのシステムを使ってメールをお送りしています。

 

価格について

○1ヶ月目(ご入会時)

 19,800円

 ※入会金5000円+月額料金14,800円

 

○2ヶ月目以降

 14,800円

 ※月額料金14,800円のみ

 

お支払い方法

○クレジットカードのみ

決済方法はクレジットカードのみ

決済会社にインフォトップを利用しています。

 

○決済スケジュール

 入会日を起算として1ヶ月毎に課金されます。

 ※1月1日にご入会いただいた場合、次回決済は2月1日

  退会締切:1月31日

 ※3月31日にご入会いただいた場合、次回決済は4月30日

  退会締切:4月29日

 ご入会時の無料期間はありません。

 ご自身で退会処理をしていただかなければ、自動継続になります。

 

お申し込み停止中

 

 

 

追伸

中古ドメインを使うことは、
SEO対策にかかる時間と費用を節約することです。

中古ドメインを使って、

早く効率的に上位表示されれば、

それだけ多くの収益が上げられるようになります。
中古ドメインを使って、

特に何もせずにページランクがサイトにつけば、
相互リンクで有利にはたらき、
サテライトサイトとしても効果的に活用することができます。

中古ドメインを探す手間を省いて、

稼ぎに直結する作業に時間をもっと使っていきませんか?

 

 

中古ドメインを探すのは難しい。

と今のあなたはお考えかもしれません。

リークス中古ドメインに入会してから1ヶ月後には、

高品質な中古ドメインを使うことが当たり前の感覚になっているはずです。

リークス中古ドメインにご入会いただければ、

もう中古ドメインを探すために苦労することは無くなります。

 

 

高品質な中古ドメイン
使うことが当たり前になります。

今後、アフィリエイター同士の競争が激しくなります。

稼げるアフィリエイターとして活動し続けるには中古ドメインが必須になるでしょう。

ライバルよりも先に、

大量の”高品質な”中古ドメインを使って、圧倒的に強力な収益基盤を作りませんか?

 

 

アフィリエイター同士
特定の環境下では仲間になります。

SEO対策で特定のキーワードを狙う場合、

アフィリエイター同士はライバルになります。

しかし、リークス中古ドメインのサービスにおいて、

私とあなたはライバル関係にありません。

特定のキーワードで集客を競い合うサービスではない

という理由だけでなく、次のような理由で、

私とあなたは利益を与え合う関係と言えるでしょう。

私はリークス中古ドメインをご提供することによって、

・お金

・経験

を得ることができます。

あなたは、最高品質の中古ドメインを手に入れることによって、

SEO対策で集客し、アフィリエイトや物販などで収益を得ながら、

強固で安定した資産をネット上に築くことができます。

私とあなたの利害は一致しているため、

自信を持ってこのサービスをご提供しています。

リークス中古ドメインを介して、

私と一緒に稼いでいただければ嬉しく思います。

 

無料プレゼントのお申し込み過去2週間分のお申し込み月額会員のお申し込み

 

 


【免責事項】サービスの保障対象は中古ドメインリストのドメイン名のみです。
ページランク情報など、何らかの原因で取得できなくなった場合、できる限り対応いたしますが、保障の対象ではありません。